会社を立て直す方法

会社組織の立て直しの手順を解説!

どのような手順で行う?会社組織の立て直しについて

会社の組織を立て直す必要がある時、何からやればいいのか悩みますよね。

組織の立て直しは大掛かりなものであり、時間と労力を使います。
もし、立て直しが間違った方向にいってしまったら危険です。

よって、会社の組織を立て直すために、適切な手順と方法を知っておいた方がいいでしょう。
これから、手順と方法ついてご説明しますので参考にしてみてください。

目次

1.会社の組織を立て直すには、問題発見から

会社の組織を立て直すには、問題発見から
会社の組織を立て直すためには、問題を発見することが重要です。

何が原因でこのような状態になってしまったかを、明確にした方がいいでしょう。経営者や幹部の態度、従業員の労働条件や労働体制などを確認した方がいいのです。

会社の組織を立て直す時には、従業員から話を聞いて、今の状態を把握することから始まります

また、第三者機関に判断してもらい、問題を見つけるのもいいでしょう。組織の中にいると、何が問題かわからなくなることもあるので、他の組織に依頼するのも有効なのです。

従業員からの聞き取りでは、チェックリストを作り提出してもらうといいでしょう。

仕事内容や上司との関係について疑問や不満があることを書いてもらいます。それは匿名でも構いません。組織自体の問題を明確にするため、内容を詳しく書けるようにするのです。

そのチェックリストによって、人材に対する問題発見ができます。

また、資金に関しての問題発見をすることも重要です。特に、赤字になっている会社が、組織を立て直す対象になるでしょう。これは、経営者や従業員の仕事に対するモチベーションが、そのまま売上に関係してくるからです。その関係性を理解し、解決策を立てるようにしましょう。

2.立て直しの時に検討するといい項目とは?

立て直しの時に検討するといい項目とは?

  • 「トップは模範者になっているか」
  • 「立て直すことを宣言できるか」
  • 「取引先や商品の見直し」
  • 「経費の見直し」
  • 「能力評価」

などです。まず、経営者や幹部組織にいる人は、組織の模範にならないといけません。

もし、経営者などの仕事に対する態度が悪いと、それが従業員にも反映されてしまうのです。トップに立つ人が模範的でない場合は、意識改革をするといいでしょう。

例えば、経費削減のために、会社の車を廃止して、公共交通機関を使うことにするとします。その場合は、トップの人も積極的に模範となって公共交通機関を使うのです。

そのような行動を見ると、従業員も積極的に参加してくれます

会社の立て直しについて、宣言できるかも検討するといいでしょう。

宣言できるようなら、しっかりと立て直しについて従業員に知らせなければなりません。また、世間や株主に公表して、立て直しをすることもあるでしょう。社長だけで立て直しができるとは限りません。

従業員や株主などにも協力してもらい、会社全体で取り組むといいのです。取引先や販売している商品を見直すことも重要でしょう。何故なら、資金が掛かる取引先と契約している可能性があるからです。

また、売上が少ない商品で、赤字になっていることもあります。

立て直しには赤字になる原因を把握して、契約を解除する決断も必要なのです。

経費の見直しでは「4K」と呼ばれる「広告費・交際費・交通費・光熱費」について検討するといいでしょう。立て直しをする際に、働き方を再確認すると無駄にしている経費が多くあります。

それらを一つずつ見直していく必要があるのです。

さらに、能力評価を見直すことで、従業員のモチベーションも高まります。能力評価を適正にして、能力に合った報酬も適用するといいでしょう。組織全体のモチベーションが下がっている時には、能力評価を変えることが効果的です。

3.問題を分析して、解決のために目標を設定する

問題を分析して、解決のために目標を設定する
問題を発見した後は、それらの情報を分析するようにしましょう。

解決することが多い場合は、最も重要な問題を抽出して優先項目を決めることも大切です。問題解決のためには、解決方法の決定や目標設定をしなければなりません。

組織の幹部にいる人を中心にして、解決するための方法や目標を明確にしなければならないのです。それらを従業員に知らせ、同意が得られれば一つずつ解決していきます。

目標達成への課題も立てていきますが、第三者や専門家に戦略を聞いてもいいでしょう。幹部だけでなくそれぞれの部署から数人を集めて、「立て直し対策委員会」などを作るのも手段です。その後、会社の組織全体で具体的な行動をしていくといいでしょう。

4.まとめ

会社の組織を立て直すためには、問題を発見して分析し、解決方法を導くことが大切です。

まずは、従業員からの聞き取りや客観的な意見を聞いて、問題を見つけてみましょう。そのようになった原因を分析し、それらの解決策を具体的に行動するのです。

そのような手順で、会社の組織は立て直されています。会社の組織を立て直す時には、従業員などの意見も大切にして解決できるようにしましょう。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です