会社を立て直す方法

会社を立て直す方法とは?

会社の立て直しをする方法の基礎

会社が立ち行かない状況になってしまったとき、まだ事業を継続したいと考えたら立て直しをする必要があります。

立て直しをするにはこの方法がベストというものがあるわけではありませんが、基本的な流れや考慮すべきポイントはあるので確認しておきましょう。

具体策で悩んだときにはどうすべきかについても知っているといざというときに役に立ちます。

目次

1.会社の立て直しの大まかな流れ

会社の立て直しの大まかな流れ
会社の経営を続けられない状況に陥ったときには経営者が何もアクションを起こさないとだんだんと悪化していってしまうのが一般的です

倒産するというのも手段の一つですが、事業を継続したいという意志がある場合には立て直しを計画するのが必須です。立て直しをするには様々な観点から会社の経営を見直す必要が生じます。

基本的な目標は社内の状況を抜本的に改善することで事業利益を得られるようにすることです。経営者が独裁的にアクションを起こしても、企業は社員全員が協同することで組織として機能しているため、思ったように改革は進んでいきません。

そのため、効果的に経営改善を進めていけるように基本的な手順を取る必要があります。

まず、会社立て直しの方向性を決める必要があります。様々なポイントの見直しを細かく行う前に、自分が行ってきたことを思い返して無駄に事業費を使っていないかを確認してみましょう。

交通費や会議費などを無駄に使ってきた経歴があるなら、削減する方針を立てる必要があります。そして、自分もこれだけ頑張って経費を削減するから皆にも努力して欲しいという形で、会社の立て直しを宣言するのが大切です

どのような見直しを行って対策を立てたとしても、現状雇用している社員の意識が変わらなければ改革を進めるのは容易ではありません。

この宣言を終えた上で各所の見直しを行っていき、改善点を列挙して取り組みやすいものや効果が高いと考えられるものから実施していくことになります。

資金投資が必要な場合には融資を受けることも考慮しなければなりませんが、費用対効果が得られるかどうかは厳密に検証することが必須です。

そして、改革のための取り組みを行ったら定期的に評価を実施します。事業利益を上げる方向に働きかけているものは継続し、効果が見られないものは別の改善方法を提起して実践していくという形で改善を目指しましょう。これが立て直しをするときの大まかな流れです。

2.立て直しをするのに重要な三要素

立て直しをするのに重要な三要素
立て直しをするときに何を見直すかは成功の可否を分けます。重要な三要素として区分して考えると良いのが資金、商品、人材の三つです。

資金繰りの確認

まずは収益の管理体制や資金計画が十分に行えていて、資金繰りができているかを確認しましょう。資金管理ができていないとどの経費を削減すべきかも明確になりません。

管理経費が問題になっているなら不要な業務委託やレンタルなどを減らして社内で処理するようにしたり、オフィスの賃貸をしているときに家賃交渉をしたりすれば良いと考えられます。

商品の確認

収入が少ないのが問題という場合には商品に着目することが必須です。提供している商品やサービスがあらためてニーズに合っていて、ターゲットも正しく定められているかを確認することは欠かせません。営業先を見直したり、商品価格を変更したりするだけで改善に至るケースもあります。

人材の確認

そして、人材についても大きな課題で、人件費を削減することは肝心です。

余計な業務のために人材を雇っていないかを確認するのは良い方法で、社長が秘書を雇うのをやめて自分で全部の業務を行ったという事例もあります。

そして、浮いた人件費を優秀な人材に還元したり、研修費に活用したりすることで高いモチベーションを持って働ける環境を整えることが可能です。結果として商品開発が進むようになる、新規契約の獲得に成功するといった長期的な利益につながる成果が見られるようになると期待できるでしょう。

3.具体策で悩んだときの解決方法

具体策で悩んだときの解決方法
抜本的に改善するにはどのような方法が良いのか具体策が思いつかないというときには、自分一人で悩んでいても解決するのは困難です。会社再建に強い業者に相談を持ちかけて、現状を伝えてみましょう

自分では気づいていなかった簡単な解決策が見つかることもあります。困難な状況になっていても多面的に状況を考えて改善策を捻出してくれます。まずは独力でできる範囲のことを行ってみて、困難を感じたときには詳しい業者にアドバイスを求めるのが賢明です。

4.会社の立て直しをする方法のまとめ

会社の立て直しは経営者がまず自分が経営改善のために努力をすることを決断し、社員に協力を求めることによって始まります。

その上で資金、商品、人材という三つの観点から見直しを進めていく方法が合理的です。具体的な改善策が思いつかないと気には一人で考えず、専門業者に相談してアドバイスを聞くことも考慮しましょう。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です