赤字からのV字回復!会社を立て直す方法まとめ

経営が悪化した会社の立て直しには社員との意識の共有と具体的な見直しが重要

経営が悪化した会社の立て直しには社員との意識の共有と具体的な見直しが重要

これから起業を考えている人にとっての不安要素が、経営の悪化ではないでしょうか。

経営状況が悪化すると、倒産に追い込まれてしまうケースも考えられます。

そのような事態を回避するためには、会社の立て直しを図ることが重要です。そこで今回は会社を立て直すために必要なことと、その解決策を紹介していきます。この情報を知っておくことで、危機的状況を逃れられるかもしれません。

目次

1.会社を立て直すために必要なことは何か

会社を立て直すために必要なことは何か
会社の立て直しを図るためには、社員に向けて「立て直しの宣言」を行うことが重要です。

社長だけが立て直すことを決意していても、会社の経営状況は上向きにくいですが、社長と社員の意識を共有させることで経営状況が上向きに転じる可能性が高くなります。

しかし、ただ宣言するだけでは意味がありません。

口だけ達者で行動が伴っていない場合は、本当に会社を立て直したいのかと社員が疑問を持ってしまいます。

立て直すことを宣言する際には、「自分はこういうことに取り組もうと考えていて、それを社員にも手伝ってもらいたい」という言葉も必要になります。

そうすることで社員からの理解が得られやすく、立て直しに協力してもらいやすくなるでしょう。社員に協力してもらえれば、会社全体での改善が行いやすくなります。

実際に行動で示すことも重要になります。例えば社有車で送迎してもらっていた人は、自転車で通勤してみるのが効果的です。会社までの距離が遠い場合は、自腹で交通機関を利用するのも良い方法と言えます

このように社長が率先して節約を行っていれば、会社の立て直しに関する熱意が社員に伝わりやすいでしょう。

他にも高級料理を食べるのを控えて、社員と一緒に食堂で食事を取るのも有効な手段と言えます。そうすることによって、社員との距離が縮まり、会社に対する考え方を共有させることもできます。

2.具体的な解決策を知ろう

具体的な解決策を知ろう
前文で記述したことは社長と社員での意識の共有です。しかし、それだけでは悪化した経営を改善させることは難しいと言えます。

具体的な解決策として挙げられるのが、営業先の見直しです。

経営状況が悪いことの原因として、顧客数の少なさが考えられます。

常連の顧客ばかりと仕事を行っていることで、新規の顧客が増えていない状況に陥っている可能性があります。新規の顧客が増えないだけでなく、常連の顧客からの注文が少なくなってしまえば、会社の収入は少なくなります。

この状況を打開するためには、新規の顧客を増やすための営業と常連の顧客からの注文が減ったことの原因究明が重要です。今までの営業方法では新規顧客を増やせない可能性もあるので、営業マニュアルの再構築から始めてみるのが良いでしょう。

新しい営業方法を試すことで、新規顧客が増えやすくなるかもしれません。

常連の顧客からの注文が減少したことの原因究明は、社長の力だけではどうにもならないケースが考えられます。社内で優秀な営業実績を持っている社員に協力してもらって、一緒に原因を探してみるのが効果的です。

営業先の見直しと同時に行うべき対策が、商品やサービスの見直しです。顧客が増えないのは、営業方法が悪いわけではないケースも考えられます。

商品やサービスの内容が魅力的でなければ、顧客は増えません

内容だけでなく、価格の見直しも行っておくと良いでしょう。既存の商品やサービスでは利益が出ないケースもあります。そのようなケースでは、新規の商品開発を行うのが効果的です。

商品やサービスの良くない点が分からない場合は、顧客にアドバイスを求めるのも良い方法と言えます。顧客にアドバイスを求めることは恥ずかしい行為だと思っている人もいるかもしれませんが、その行為よりも会社の存続を考える方が大切です。

商品やサービスに対するクレームにも耳を傾けてみましょう。そのクレームの中に商品やサービスを改善させることのできるヒントが隠されているかもしれません。

管理経費の見直しも有効な手段と言えます。例えばオフィスやトイレの清掃を業者に委託していないでしょうか。これだけでも月額で数万円の経費を使うことになります。

業者への委託を止めて、社員がローテーションで清掃を行うようにするだけで、この数万円の経費を削減することができます

他にも無駄な契約を行っていないかを調べてみましょう。会社で新聞や雑誌の購読を行っている場合は、その契約を打ち切るのがオススメです。新聞や雑誌を読みたい人は個人で購入してもらうようにすれば、その分の経費も削減できます。

3.会社は社長だけのものではない

会社は社長だけのものではない
会社は社長だけのものではありません。社長と社員が協力して成り立つものです。経営状況が悪化した会社を立て直すためには、その認識を共有させることが重要です。

ここで記述した解決策以外にも、会社を立て直す方法はあります。その方法を社長と社員が一緒に考えながら、行動することが求められます。社長と社員が同じ方向を向いて行動することで、業績が回復するだけでなく、会社としての本来の姿を取り戻せるでしょう。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です