会社の赤字を黒字にする再生の方法

プロのコンサル活用で業績V字回復!

プロのコンサル活用で業績V字回復!

会社の立て直しを余儀なくされたときに、どのような具体策を立てたら良いかで悩むことはよくあります。

その際に経営に強いコンサル会社に相談することで成功している事例も多くなりました。

経営コンサルティングを主要サービスとする会社も増えてきていますが、どのようにして会社の立て直しに活用するのが良いのでしょうか。

目次

1.会社の立て直しのときにコンサルに相談するメリット

会社の立て直しのときにコンサルに相談するメリット
会社の立て直しは経営者が主導して行わなければ進まないものなので、必要を感じたときには速やかに方針を決めて具体的なアクションを起こすことが必須です。

しかし、立て直しの方針が誤っていたり、具体策の実行が困難だったり、社員からの同意を得られなかったりすると失敗に終わってしまいます。

もともと経営者として最大限の努力をしてきたにもかかわらず経営が危うくなってしまっているという場合には、経営者が自分一人で考えていても抜本的な改革を行うのは困難になりがちです。

今まで手を尽くしてきたにもかかわらず経営状況が悪化しているのであれば、同じ人が立て直しをしようとしても良い方針を打ち出せない場合が多いでしょう。

このようなときに重要なのが経営に強いプロと相談して方針を決めることです。

その点でメリットがあるのがコンサルに相談することで、特に会社の立て直しに力を注いできているコンサルに話を持ちかければ基本的なところから徹底したサポートを受けられます。

資金繰りの仕方から社員教育の方法、情報システムの活用や資金調達などの様々な観点から適切な手段を提案してもらえるため、今まで経営者が気づかなかった角度からも対策を講じていけるようになるのがメリットです

2.コンサルを選ぶときのポイント

コンサルを選ぶときのポイント
会社の立て直しに利用するコンサルを選ぶときにはまずは実力を重視するのが大切です

経営コンサルティングは現代社会のトレンドや経済的な動きなどを知っているだけでは行えません。知識が豊富にあるのはコンサルをする上で重要な要素ですが、それを実際に使ってコンサルティングを何度も行ってきている人の方が対応力があります。

実力があるかどうかは実績によって判断せず、経験から考えるのが賢い方法です

多くの会社の立て直しに関わってきていると独自のノウハウが身につきます。実績では成功事例にばかり目を向けることになりますが、実際には失敗した経験が多い人の方が困難な局面でも良いアドバイスができる可能性があります。

失敗したケースから考察すると、やってはならないことが明確にわかるからです。歴史が長くて経験を十分に積んでいるという観点からどのコンサルにまず相談を持ちかけるかを決めるのは安全策と言えるでしょう。

一方、ビジネスパートナーとして長期的な付き合いになることも考慮してコンサルを選ぶことも必須です。

コンサル会社に相談したときにあてがわれた担当者の人柄で決めるという視点も持ちましょう。話が合わなければコンサルティングを受けるのも辛くなってしまい、困ったときに気軽に相談することもできません。

担当者にも自分を好んでもらえているという印象があるのが望ましいでしょう。その方が常に気にかけてくれて細やかなアドバイスをもらえると期待できるからです。

初対面での印象を大切にして、自分と波長が合っていると感じた人の中から正式に依頼する人を選び出すのが賢明です。

3.コンサルを選んでからの注意点

コンサルを選んでからの注意点
コンサルを選んで相談をしていてもなかなか会社の立て直しができないで苦労するというケースもあります。

担当者からは長期的な視点に立って努力を続けようと励まされるだけの状況になる場合も少なくありません。この際に重要なのがコンサルの見直しを行うことです。

経営戦略の立て方は多種多様で、そのコンサルによって提案されている内容がベストであるとは限りません。

設備投資を目的とする資金調達を優先したために利息の支払いで運転資金に困るようになったり、人件費の削減のために人手を減らしたら開発力が低下して継続的な利益を見込めなくなったりといった形で資金繰りの方法を見誤ることもあります。

どのような形で方針を立てるかはコンサルのセンスとノウハウに依存するので、うまくいかないときには他のコンサルに相談するのが賢明です

一年間取り組んでみても数字で結果が出ないという場合にはあまり効果的な対策を提案してくれていないと考えて、前向きにコンサルの見直しを検討しましょう。

4.会社の立て直しにおけるコンサルについてのまとめ

会社の立て直しは経営者が一人で考えていても効果的な方針が立たないことがよくあります。

プロであるコンサルに相談することで具体策まで提案してもらうことが可能です。

長い付き合いになるので話が合うことを優先し、経験を十分に積んでいるコンサルをビジネスパートナーにしましょう。もしいくら取り組んでも結果が出ないというときにはコンサルの見直しを検討するのも大切です。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です